ダム式をはじめとする水力発電のメリット

ダム式をはじめとする水力発電のメリット

水の力で電力を作る水力発電

現在は地球環境が悪化している問題で、化石燃料ではない新しいエネルギー発電が注目を集めています。たとえば一番有名なのは太陽光発電でしょう。太陽の力を利用して電気を作り出すという発電方法で、現在は住宅の屋根などでも多く見かけるようになりました。

ほかにも風力・地熱発電などがありますが、そのなかでも注目を浴びているのが「水力発電」です。これは、水の力で発電機を動かして電気を作るという発電方法です。
小川や渓流などの小さめな水の流れから水力発電をすることもできます。山・河川が多い日本は水力発電が他の国よりも盛んです。
しかし、大規模な電力を作るにはやはり大量の水が必要となり、ダム式の水力発電が特に有名になっています。

高さがあるダムを利用して水を下に流し、その力で発電用水車を回す仕組みがダム式の最も基本的な方法です。
この水が落下する力を使って水車を回すのは、落差があれば発電できるため環境にもやさしい方法で、太陽光発電・風力発電とならんで再生可能エネルギーであり、しかも太陽光や風力よりも実用化が進んでいる発電方法です。

発電量については、「水量」と「落下する水の落差」が決め手となります。落下する水の落差が大きく、さらに大量の水量を流し続けることによって膨大な発電量を得ることが可能になります。
このため、多くの水力発電所は水量が多い河川に建設されていて、川を塞き止めダム式の水力発電所が設置されています。
ダムには溜め込んだ水を水門を開くことにより一度に水を落下させることができ、効率的に大容量電気を作りだせるからです。

また、水力発電所はダム式の水力発電所だけでなく、電気消費量が少ない夜間の電力を利用した「揚水式水力発電所」や、上流部分の水を取り込んで水路を通し、高い位置で水をキープして下流部分と落差を人為的に作って電力を得る「水路式水力発電」等の方法もあります。

水力発電のメリットとは

ここで、水力発電のメリットをみてみましょう。

まず、水力発電の大きなメリットのひとつが、「太陽があれば枯渇の心配がない」という点です。雨の水が川の流れを作りますが、雨は太陽が地表・海の水などを蒸発させて雲を作ったところからできる、といった循環があるので、資源に限りがある化石燃料と違ってほぼ半永久的に利用できます。

また、水力発電はCO2の排出量が少ないので、「環境にやさしい発電方法」ということがあります。
水力発電が排出するCO2は、地熱発電・風力発電のようにわずかな量であり、環境汚染が大きな問題となっている現在では大きなメリットといえるでしょう。

さらに、ほかの再生可能なエネルギーのなかで最も実用化が進んだエネルギー資源であり、世界の再生可能エネルギーの総発電量で断トツの1位にもなっています。
世界では水力発電が未開発な地域も多くあり、この未開発の地域の大きな河川で水力発電設備を開発した場合、人口70億人の消費電力すべてをまかなえるという試算もあります。

最後に大きなメリットとして、ダム発電を利用するときは、ある程度「発電量を調節することができる」ということです。
たとえば静岡県の佐久間発電所では、水量の落下距離を調整しており、電力の需要が大きい時間は発電量を大きく、夜などの電力の消費量が少ない時間では水を貯水しているというような調整が可能です。
以上がダム式水力発電のメリットです。

記事まとめ

ダム式などで可能となる水力発電のメリットを紹介しました。
やはり、地球環境問題がクローズアップされている現在なので、このようなクリーンな発電が実用的に可能ということが大きいのではないでしょうか。

地球の表面は大半が海であり、人間が住んでいる陸はその中のほんの一部です。
周辺の自然破壊や住民の暮らしに問題というデメリットもありますが、水力発電は大きな将来性がある再生可能なエネルギーです。